2005年04月12日

書評:希望格差社会

『希望格差社会』(著者:山田昌弘 ,出版社:筑摩書房)

本書における山田氏の主張は以下の通り。

現在の日本は2極化が進行している。職業においては金持ちと貧乏人の差が、家庭においては結婚できる者と結婚できない者との差が、教育おいては高収入の職業に高確率で就職できる者とできない者の差がどんどん開いている。

さらに以前は努力すればそれなりのレベルにいけたのに、現在は見通しにおいて不安定化している。つまりいい就職ができても出世できないかもしれないし、首になるかもしれない。結婚しても離婚するかもしれない。大学に進んでもいい就職ができないかもしれない。

こういう社会において人々は努力しても報われないかもしれないと思うようになった。自分は負け組みではないかと思ったものは早々に希望を失なってしまう。学業意欲の低下もここに原因がある。

社会にとって恐ろしいのは収入の格差よりもこの希望の格差であり、希望を失ったものは犯罪に走ったり、ひきこもったりする。

社会としては希望を持てるような援助をしなくてはならない。資格が就職につながるメカニズムをつくる。カウンセリングやコンサルティングで本人の能力にあった仕事につかせるようにする。コミュニケーション能力アップの支援をする。社会保障制度はさまざまな家族形態に対応すべきであり、さまざまなライフスタイルの実現支援策を用意する必要がある。

以上、要約。

現在日本の状態をうまく説明しているのに感心した。上記の要約よりも細かい分析がなされていて、高度成長期にはうまくいっていた様々なシステムが現在は機能不全に陥っていることがよく理解できる。

その信憑性は? 学術書ではないので、細かいデータは出ていないが、社会学の研究をもとに大学で講義でおこない、それを書籍化したものなので、それなりに信頼していいだろう。放言のような社会評論とは違う。

分析においてちょっと物足りなく思ったところがある。若者の価値観の変化をもう少し取り上げられないだろうか。今の日本企業には魅力がないし、非人間的な労働環境のところが多い。選択肢としてそういうものしか見せられないと、ドロップアウト志向が増えるのもしかたないのではないか。

面白いと思ったのは、若者への対処の仕方、その基本姿勢だ。山田氏は、どうやって若者に身のほど知らずの夢をあきらめさせて、実際の就職へと導こうかと考えている。目標を下げさせて、妥協をさせ、手遅れの状態にならないように職につかせる。そんな持って行き方をする。大人というか現実的というか、なかなかきびしい。

私が対策を考えるなら、少なくとも労働環境の改善、ワークシェアリングの実現は盛り込みたい。さらに現在の高校以上の学校体系をもっと実践的にする(普通科を減らし、大学進学率を下げる)か公的な職業教育の充実を求めたい。

現在の社会状況を理解する上で、とてもお薦めの一冊。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/18732125
この記事へのコメント
■投稿者:kazu_kmetko at 2005年04月12日 20:12
「夢の実現」とか「なりたい自分をイメージする」は教育現場で生徒に指針としてしめされています。でも、そのためにはなにをなすべきか、それを個別に具体的に指導してくれていればいいけれど、そこはスキップ気味のような感じがします。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2005年04月13日 21:05
就職が椅子取りゲームだとすると、いくら夢でも、たとえば10人参加で2個の椅子を取り合うようなゲームに送り出すのは問題ですからね。
やはり実現可能性を考えないと無責任ということでしょう。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--