2005年05月31日

書評:百年前の日本 〔普及版〕 モース・コレクション写真編

『百年前の日本 〔普及版〕 モース・コレクション写真編』(編集:小西四郎,岡秀行,出版社:小学館)


明治のお雇い外国人であり大森貝塚の発見者であるE.S.モースがコレクションした明治の日本の写真集。これらの写真はモースが持ち帰り、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州のセイラムにあるピーボディー博物館に100年間保存されていたものだ。100年前の写真であるのに画質はよい。彩色されているものも多くあり、色つきで見る明治は不思議の感がある。

東京の都心、郊外、地方、近代的な建築物、藁葺きの家、農民、職人、商人、子ども、遊女などじつにさまざまな被写体が撮られている。都心の一部以外はまだまだ江戸時代のままの古い日本であったようだ。近代的なものはほとんど見当たらない。それがかえって江戸の生活を伝える写真として貴重である。

当時は写真が露光するには時間がかかったし、機材も大きい。スナップなどという手法は存在しなかった。大きなカメラの前に被写体を集め、ポーズをとらせるなどの演出がなされている。本来室内でやる作業も外でやらせている。これはしかたないところ。しかし、自然な表情で笑う子どもの写真などもあり、それなりに臨場感を伝えているのに驚かされた。

浮世絵に描かれた江戸や明治の東京をリアルな写真で見る面白さ。写真の記録性はやはりすごい。おすすめの一冊。

モース、明治、子守、morse_meiji.jpg
モースコレクションより「子守」

人気ブログを紹介してます。  click on blog ranking


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/23694684
この記事へのトラックバック
皆さん、モースって誰か知っていますか?そう、歴史の教科書で必ずでてくる「大森貝塚」の発見者です。実はこのモースさん、日本に滞在したのは約2年だったのですが、その間日本をあちこち旅して写真を撮ってアメリカへ持って帰っていたらしいのですね。掲題の本はその保...
百年前の日本(モースコレクション)【映画と英会話奮闘日記】at 2005年06月07日 22:16
この記事へのコメント
■投稿者:Lightning_2005 at 2005年05月31日 21:42
初めまして。この写真は明治時代のものですよね。それがカラー化されてるのが驚きです。すごい面白そうですね、探してみます。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2005年06月01日 19:53
いらっしゃい、Lightning_2005さん。

モノクロのフィルムに色付けをする職人がいるらしいのですが、おかしな色がついているものもあります。色を指定した人が間違っているのかもしれませんね。


--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:オバキョン at 2006年01月23日 15:38
貴重な写真集ですね。
驚きました!何故か色が新鮮に感じてしまいます。
間違った色の写真も興味津々。探しまーす。わくわくしちゃいます!
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--