2005年06月17日

美術展:浮世絵で楽しむ江戸の旅 〜東海道宿場めぐり〜

たばこと塩の博物館でやっていた企画展「浮世絵で楽しむ江戸の旅 〜東海道宿場めぐり〜」を見た。と言っても、とっくに終了しているので、一応備忘録として記す。

東海道に関係するさまざまな浮世絵を展示している美術展。広重の保永堂版「東海道五十三次」はもちろん(といっても一部のみ)、美人画と風景画や宿場絵を組み合わせた浮世絵、『東海道中膝栗毛』を元にした漫画風の絵など、あまり見かけない絵が一度にたさくん見られてけっこう満腹感があった。旅が庶民の楽しみであったことから、それを描いた絵もまた娯楽性が高くなるようだ。

入場料は100円。ホントこの「たばこと塩の博物館」って良心的だ。

三代歌川豊国画、「東海道五十三次之内 大津ノ図」、toyokuni-ootsu.jpg
三代歌川豊国画「東海道五十三次之内 大津ノ図」


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/25500805