2005年06月28日

書評:希望のしくみ/アルボムッレ・スマナサーラ、養老孟司

『希望のしくみ』(著者:アルボムッレ・スマナサーラ、養老孟司,出版社:宝島社)


じつは期待していなかった。インターネットの書評で内容がよくないと書いてあるのを見たからだ。読んでみて、まさにその通りだった。

スマナサーラ長老と養老孟司が対談する場面があまりに少ない。編集者がなにか質問して答える形式がこの本の基本形なのだが、編集者とスマナサーラ長老、編集者と養老孟司というやりとりが多すぎる。これではなんのための対談なのかわからない。

ふたりのやりとりも短く、あまり内容に踏み込んだりしないし、議論などはまったくない。お互い同意があるというか理解しあっているようではあるけれど、話が膨らまないのでは対談としては面白くない。

よっぽどの理由がないのなら、読まないほうがいい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/26586117