2005年07月31日

書評:良寛に生きて死す/中野孝次 (後半)

『良寛に生きて死す』(著者:中野孝次 北島藤郷,出版社:考古堂書店)


中野氏がはじめて医師に食道ガンを宣告されたのが、2004年2月12日。当初、自宅にいて療養していたが、体の衰弱が激しく、家人にも負担がかかるという理由もあり、3月になって入院を決意し、放射線照射、抗がん剤投与の治療を受けることにした。

友人の上田茂氏にあてた『入院を知らせる手紙』にはこうある。「今度のことで、セネカの教えが一番役に立った。比較的平静に事態を受け入れられたのは、セネカによる。
(略)気持ちは元気で晴れやかだから、安心を乞う。」(2004年3月12日付)

つねに死を思えと書いていた中野氏らしく平静な心境であることに思想の強さを感じる。

しかし、次の『信頼する友へ』ではこうなる。「こないだは折角来てくれたのに邪険に扱って悪かった。入院直前でやはり気が立っていたんだろう。」(2004年3月21日付)

さすがの中野氏も死を前にして心はふさいでいたらしい。平静であったのは最初だけで肉体の衰弱は進む一方で、病院から戻れないだろうとの不安もあったろう。前の手紙の言葉が嘘であったと言うつもりはない。心は変化するのだ。

闘病生活1ヶ月。その経過を知らせる『闘病、そして小康』という手紙では「内視鏡検査では、すでにガンは消えている。」と報告している。その後、3ヶ月ほどで亡くなったことを知っている者としてはどういう意味なのだろうといぶかる。医師が嘘をついている可能性は高い。ガンがあちこちに転移していて、手の施しようもないのかもしれない。

しかし、中野氏は医者の言葉を信じていたらしく、次のように書いている。

「とにかく根治可能ということで、死から生還したような気がしている。十六日、君に会ったころには、必ず死ぬと覚悟していたからね。」(2004年4月17日付)

やはり生きたい思い、根治可能の言葉を信じたい気持ちが強かったのかもしれない。

本書に公開されている手紙はここまでだ。

五月に退院予定と思っていた氏は五月頃にはどういう心境になっていたのだろうか。残酷ではあるが、やはり中野氏の最後を知りたいと思う。この後、もう何も書いていないかもしれないが、もし記録があれば公開を望みたい。氏の幾つかの作品、とりわけセネカ関連の2冊から感銘を受けた者として、その思想と生活の最期。究極のところを知りたい気持ちは禁じがたい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/29322694