2005年08月27日

書評:グラマン戦闘機―零戦を駆逐せよ/鈴木五郎

『グラマン戦闘機―零戦を駆逐せよ』(著者:鈴木五郎,出版社:光人社NF文庫)


朝日テレビの「朝まで生テレビ」で太平洋戦争の元本兵を集めて語らせる企画が2回続けてあった。その中で印象に残ったのが、戦争中期以降はアメリカに制空権を握られたせいで一方的に攻撃をされることがしばしばであったという話だった。

私が子どものころ零戦とそのライバル機に興味を持ったことがあった。そのときの少ない知識によれば、グラマンの戦闘機の性能が上がったことが零戦の敗因だったはずだ。つまりアメリカの航空機テクノロジーに負けた、と。

そのことをもう少し詳しく知りたいと、零戦対グラマンの本を読んでみた。

ゼロ戦(アメリカ人も当時ゼロセンと発音していたそうなので、こう表記しよう)がグラマンF4Fワイルドキャットと戦っていた初期はゼロ戦がかなり有利であったそうだ。小回りがよく利くゼロ戦は相手の後ろに回りこむドッグファイトでは無敵と言ってよく、とりわけベテランパイロットの操縦によれば圧倒的に強かったという。

ところが、アメリカ軍はゼロ戦の不時着機をほぼ完全な状態で入手した。アメリカはゼロ戦のテスト飛行を繰り返し、データを取り、どこに長所があり、弱点があるかを知った。それからはワイルドキャットでの戦い方を変えた。つねに2機が組んでゼロ戦に対抗し、一機の後ろをもう一機が守備することにした。つまりワイルドキャットの後ろにゼロセンが回り込めばその後ろにもう一機が入って攻撃すると言うことだ。

この戦術によりワイルドキャットは対ゼロ戦の戦績を好転することができた。もちろん戦闘機の数が多いから、この戦術も可能だったわけで、その背景にはアメリカの圧倒的な工業生産力があり、また空母の上により多くの機体を載せることができる折りたたみ式の翼の開発があった。

ゼロ戦のほぼ2倍の馬力を持つエンジンを搭載したF6Fヘルキャットが登場すると、対ゼロ戦の戦績はさらに向上する。戦術的にもスピードとパワーを生かしたヒット&アウェイ戦法(一撃離脱)でドッグファイトを回避することができた。グラマンヘルキャットはゼロ戦より高い位置から高速でゼロ戦にアタックして、そのまま高速で逃げていく。低速での旋回性能を生かした敵の後ろの回りこむ戦いには応じずに自分の有利な戦いだけをすれば負けるわけがない。

さらにテクノロジーの違いを挙げれば、機銃の性能がまるで違った。ゼロ戦の機銃は初速が遅くて弾道が定まらず命中率が低い。一方、アメリカの機銃は高速でよく当たった。

操縦士に対する考えも飛行機の設計の違いとしても現われている。ゼロ戦は防弾能力が低く、機体を簡単に通過した弾丸が操縦士に当たってしまうし、燃料に火をつけてしまう。一方、ヘルキャットは防弾能力が高く、操縦士を撃つのは困難だった。燃料タンクはゴムで包んであり、燃料漏れがしにくかった。そのためゼロ戦が撃ってもなかなか落ちなかったと言う。

ゼロ戦が時代遅れになり、勝てなくなったのなら、新しい戦闘機を作ればいいのだが、残念ながらその開発は遅く、名機と言われる紫電改が登場した頃はすでに日本は国力が消耗しており、アメリカの物量にただただ圧倒されたのだった。

ちなみに以上はすべて海軍の話であり、陸軍を中心にするとまた違う戦闘機の開発の話になるのだろう。

今の日本では兵器を通して戦争を見るというと不謹慎の謗りをまぬがれないが、戦争は戦闘行為があっての戦争なのだから、兵器を抜きにした戦争の話はかえって間が抜けているような気がする。いかに日本が負けたのかを戦闘機開発という視点から見てみるのはかえって新鮮ではないだろうか。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50038663
この記事へのコメント
■投稿者:ponpocopon at 2005年08月28日 22:36
コメントを書き込むのは初めてですが
ブログはいつも読んでいます。

今日親戚の法事がありました。
80歳になる叔母は送迎バスのなかで
最近かなりマンションの増えた大森の景色を見ながら
私を相手に戦時中の話をしていました。
「変わったねえ・・焼野原だったのにねえ。」
「一番怖かったのはねえ。呑川の橋の上で、急に空襲警報がなって
振り向いたら、戦闘機が低空飛行をして、操縦士の顔まで見えたんだよ。」
偶然戦闘機の記事だったので思わず書き込んでしまいました。


--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2005年08月30日 21:10
いらっしゃい>ponpocoponさん

東京を低空飛行した戦闘機というとマスタングP51あたりかもしれませんね。戦争末期の戦闘機は今ではエアレースで活躍しているようです。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--