2005年09月04日

小泉総理と靖国神社と霊魂

中国、韓国の圧力もあって総理をはじめ政治家が靖国神社に参拝しにくいので、宗教色のない新たな追悼施設を作ろうという動きがある。

しかし、話が進展しないようだ。いろいろと反対があるらしい。

靖国神社を神聖視する人はむろん反対する。また霊を信じている人も反対するらしい。

新しい追悼施設には外国からの反発の強いA級戦犯は入れないらしいのだが、靖国神社の説明では魂を分祀することはできないので、A級戦犯だけをはずすことはできない、ということだ。この説明に納得する人は新しい追悼施設は作ってもA級戦犯抜きの戦没者の霊を持ってこれないから無意味だと思うのだろう。

宗教色をなくすのなら、魂だの霊だのを問題にすること自体がおかしい。そもそも人間を神として祀ったり、魂がそこにあると考えたりすることが荒唐無稽だ。そんな説明など無視して追悼施設を作ればいいと思うのだが、追悼施設に戦没者の霊を持ってこないとならないと思ってしまう人が多くいるらしい。おそらく首相自身もそう思う一人なのだろう。

たしかに建物だけ作って参拝しても、なんの実感もないだろう。なにしろ参拝する人は霊に対して参拝するのだから。

それにしても中国は「戦没者の霊」をどう思っているのだろうか。靖国神社には戦没者の霊なんてありません、と冷ややかに見ていればいいのに、と思うのだが…。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50055109
この記事へのトラックバック
心の問題への介入―首相 靖国参拝継続の意向  小泉純一郎首相は4日午前、NHKと民放2社のテレビ討論番組に出演、自らの靖国神社参拝について「戦没者に対し追悼の念を表現する心の問題にまで介入されて良いのか」と述べ、靖国参拝を批判する中韓両国に不快感を表...
靖国問題は日本人の「心の問題」【日本人的視点】at 2005年09月05日 00:24
新しい仕事の関係で東京に。 九段下で顧客先との打ち合わせがあったわけですが、 若干タイムラグがあったので靖国神社に寄ってみました。 小泉首相参拝で世界中から注目されて〈
靖国神社について考える【シンプルデザイン(SimpleDesign)】at 2005年09月23日 08:41