2006年03月29日

PK-EOSが届く

宮本製作所よりPK-EOS(ペンタックスKマウントのレンズをEOSにつけるアダプター)が届く。

FA43mmF1.9Limitedをつけて小山あたりを路撮した。撮影モードを絞り優先にして撮影してみた。大きく露出が外れることもないので、このモードでいいみたいだ。ツァイスの場合、絞り優先していると補正できないほど露出オーバーになることがあるが、今日のところはそういう現象は出ていない。

* * *

図書館で「使うローライ」(双葉社)と「カメラマガジン」(判佝納)を借りる。

* * *

「写真芸術論」より。

「対象を意識的なカメラ・ワークによってとらえるということは、映像が主観的な産物であることを物語っている。しかし同時に意識から脱落したものも、意識を越えたものも映像に呼びこみうるということは、映像が完璧な主観的産物でないことを立証していよう。

このように主観的な側面と、客観的・物理的な側面とが、「現実類似性」といわれる性格のなかに存在しているのである。」P.69

写真は撮影者の意図を超えて写っちゃうものだ。自分が見たものがぜんぜん再現できていないと思う反面、意識していないものが写っている。スナップ写真の場合、とくにそのことがあらわになる。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50403911