2006年05月21日

江戸時代の人体模型

2006-04-18-006.jpg
photo by Cozy

EOS Kiss Digital、EF50mmF1.8II。

東京国立博物館に展示されていた江戸時代の人体模型。

このところ戦争やら合戦やらを主題とする小説ばかりを続けて読んでいるので、目先を変えて江戸時代の学問や政治改革などをテーマにしたものなども読んでみたい。司馬作品だとどんなのがあったろうか。

そう言えば、「花神」の主人公、大村益次郎が若い頃は医者だった。オランダ語の能力を生かして兵学書の翻訳をしているうちに軍学者になり、やがて長州軍を率いて第二次長州征伐で活躍し、最後は新政府軍の参謀となった。

「坂の上の雲」の秋山兄弟も最初は軍人志願ではなかった。とりわけ弟の真之は文学に引かれその才能もあったらしい。人生はひょんなことから方向が変わってしまうようだ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50471035