2006年06月14日

日本が目指すサッカー

日本が目指すサッカーがなんであるのかを少し前に放映されたNHKスペシャルで紹介していた。

防御においてはプレス(プレッシャーをかける)。複数の選手が連携して相手からボールを奪うこと。攻撃のためには高い位置からのプレスが必要。

対オーストラリア戦ではこのプレスがあまり機能していなかったように思う。

攻撃では速さ。少ないボールタッチでシュートに持っていくこと。

対オーストラリア戦ではシュート前のパスがつながっていなかった。とにかくパスミスが目立った。センタリングもぜんぜん合っていなかった。

理由はわからないが、日本の目指すサッカーができなかったこと、大いに反省すべきところだろう。

などと普段はサッカーなど見ないくせに語ってみた。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50497061