2006年06月20日

ワールドカップ:テレビ局が2試合連続炎天下を望んだ

日本チームは外国のチームとの体格差を豊富な運動量とスピードでカバーする。そのため猛暑の中での試合は日本選手の体力奪い、運動量を減らし、結果的に日本チームの不利となる。

ワールドカップドイツ大会の試合時間には3つの時間帯があるにもかかわらず、日本チームはもっとも暑い昼間の試合を2試合続けて行うことになった。なぜなのか。

ビデオジャーナリストの神保哲生さんのブログに以下の記事がある。

「ワールドカップ、クロアチア戦の直後の共同インタビューでジーコが、「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。しかし、テレビがそれを望んでいる以上仕方がない。」と語っていましたが、なぜか日本の通訳(テレビ朝日)はその部分だけ訳しませんでした。」

ジーコ発言はテレビ局の希望でそうなったと解釈するしかない…。

だから負けたと短絡はできないものの、炎天下の試合は走り回って相手からボールを奪う日本チームの戦い方には不利であったことは間違いない。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50503494