2006年06月28日

古本ではなくて古書

2006-03-23-065.jpg
photo by Cozy

EOS Kiss Digital、Planar 50mmF1.7。

司馬遼太郎が小説を書くとき、そのテーマに関する古書が神田の古本屋街から消えてしまう。しばらくすると資料として使わなかった本が神田に戻ってくる。

この話は有名で、今年の第10回菜の花忌のシンポジウムで井上ひさしさんも話されていた。

それだけ多くの資料に当たるのだから、小説中に余談を書きたくなる気持ちも理解できる。

以上、余談である。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50511766