2006年08月16日

小泉首相、靖国神社参拝についての雑感

霊魂は存在しないとする立場から見れば、靖国神社参拝は無意味な行動だ。その無意味な行動も諸外国からの反発を招き、外交に悪影響をもたらすとすれば、日本にはマイナスしか残らない。

しかし、この理屈は霊魂を信じる人には通じない。

靖国神社参拝は戦争を美化する行為であると見ている人も多くいる。

しかし、それは解釈の問題にすぎない。別の施設で追悼したからといって、戦争を美化していない証拠となるわけでもないだろう。それになにより実際に日本が軍備を増強したり、憲法を改正することに比べたら、瑣末なことでしかない。

ありもしないものに振り回され、目立つ行動にばかり目を奪われるのは愚かなことではないだろうか。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50561158