2006年08月22日

早実の斎藤投手:私もハンカチ王子ですけど

夏の甲子園初優勝した早稲田実業の斎藤佑樹投手がハンドタオルで汗をぬぐう姿が話題になっている。他の球児ならユニフォームのすそで無造作に拭くのに、彼はきちんとたたんだハンドタオルで押すように拭く。

じつは私も夏場はハンドタオルの愛用者。しかし、私がやればオッサンくさい仕種(しぐさ)。彼の端正な容姿と上品な仕種、そしてあの若さであればこそハンカチ王子と言われるのだ。

さて試合の感想。

決勝戦の最初の試合は正直、つまらなくて、途中で眠ってしまった。目を覚ましてもこう着状態続いていて、どうせ点は入らないだろうと15回は見ないで外出。

再試合の方が動きがあって面白かった。9回裏のハラハラドキドキの展開もよかった。選手、関係者は大変だろうけど、2試合やることでじつに素晴らしい決勝戦となったようだ。

それにしても、いつも高校野球は見ないのに、今回はなぜ見たのだろう。やはり駒大苫小牧の三連覇もしくは早実の夏の大会初優勝というどちらが勝っても劇的な場面がくることが予想されたからだろう。他の組み合わせだったら見なかっただろうな。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50566672