2006年10月04日

死なない生物、内的引きこもり

先週、「科学大好き土曜塾」の再放送を見ていたら、死なない生物を紹介していた。6億年生きていると紹介していたけど、本当なのだろうか。

その生物とは「ベニグラゲ」。年老いると団子状になってから若いクラゲとして復活する。

* * *

 『「ケータイ・ネット人間」の精神分析』(著者:小此木啓吾,出版社:飛鳥新社) を読了。

私たちは「内的引きこもり」をしている。人ときちんとかかわらずに、表面的にあわせたり、人間とのかかわりにケータイやインターネットを介在させる。過去の自己愛人間、モラトリアム人間、シゾイド人間にも触れていて、小此木啓吾入門にもなっている。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50605087