2006年11月29日

はじめてのクラシック、男が知らない「おひとりさま」マーケット

『はじめてのクラシック』(著者:黒田恭一,出版社:講談社現代新書)を読了。

最初は気に入らなくても、何度も聞けば好きになるかもしれないよ、と助言してくれる。

* * *

『男が知らない「おひとりさま」マーケット』(著者:牛窪恵&おひとりさま向上委員会,出版社:日本経済新聞社)を読了。

なにかがブームであるように紹介された後に、じつはそれは少数派にすぎないことがポロっと書かれている。ブームに乗っている人間はいつも少数派だ。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/50652781