2004年09月30日

書評:少年の日々/イジス

『イジス写真集2 少年の日々』(トレヴィル/リブロポート)

990db978.jpg昨日の「過ぎ去りし日の恋人たち」の続編だ。

タイトルが示すように子どもの写真が多く収められている。あまり裕福ではない地域の子どもの様子が生き生きと捉えられている。犬、サーカス、ピエロ、老人など被写体は多岐にわたっているが、どれも子どもたちの写真と違和感なく溶け込んでいる。

photo by IZIS

場所はほとんどがパリのようだが、一部イスラエルの写真も混じっている。解説はないのだが、他の写真集で調べてみた。

「過ぎ去りし日の恋人たち」に比べると、こちらの方がいい写真が多い。懐かしく、楽しく、ちょっと悲しげなところもよい。入手するチャンスがあればこの「少年の日々」を選びたい。

イジスはいい写真家だ。それなのに日本ではあまり知られていない。写真集もほとんど出ていないのではないか。私としては、ブレッソンよりもドアノーよりもアーウィットよりも推したい気分だ。それなのに人気がないのはおそらく記憶に残るようなインパクトのある名作がないからだろう。

言ってはなんだが、ドアノーなんかは「市役所前のキス」だけではないのか。私はドアノー展で購入したメリーゴーラウンドのポスターを部屋に貼っているが、一般的にはあのキス写真の方がはるかに知られている。写真家の名前は知らなくてもあの写真なら見たことがある人は多いはずだ。イジスにはそういう名作がない。

しかし、イジスはいい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/7416808
この記事へのコメント
■投稿者:tukamoto at 2004年09月30日 20:14
イジスという名の写真家について、初めて知りました。
興味があります。
でも日本では写真集が1989年に発行されていて、新刊では手に入らないようですね。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2004年10月01日 21:52
コメント、ありがとうございます。

オークションで探すか写真の洋書をあつかうお店で入手するしかなさそうですね。

東京にお住まいなら、恵比寿の東京都写真美術館の図書館で閲覧できます。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2005年04月16日 21:58
いらっしゃい、himekoさん

児玉さんは写真作家さんですか。ちょっと拝見しただけですが、なかなか見事な写真が並んでいますね。あとでじっくり見させていただきます。

イジスのことを多くの人に知ってもらうために、簡単に入手できる写真集が欲しいところです。年間6万冊も新刊が出ているのに、もったいないことです。



--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:himeko at 2005年04月17日 21:40
写真ご覧下さってありがとうございます。私も昨年、写真集を始めて出版しましたが、日本の書籍の流通ルートは複雑怪奇で、いまだによくわからないです。確かに、欲しい写真集とかなかなか手に入りづらいですね。日本人にはあまり知名度がなくても、素晴らしい写真家がたくさんいて、写真の好きな人に、是非知ってもらいたいですね。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--