2004年11月04日

おすすめ地図:東京 山手・下町散歩

『ウォーキングナビ東京 山手・下町散歩』(昭文社)

散歩のおともに地図は必須。私もたくさんの地図を持っているけれど、なかでも一番のおすすめはこれ。

縮尺が1/10,000なので同種のものに比べてやや地図が小さいけれど、それがいい。というのは、見開き2ページの中で見わたせる範囲が広くなるので全体が把握しやすい。実際に散歩しているときに歩くコースの概要をつかむのに向いている。

地図上に見どころが多く記してあるし、ちょっとしたガイドも書き込んである。

また「厳選115コース」に従って歩くと都内(=23区)のおおよそが歩けるようになっている。実際に16コースを歩いてい見たが、最初の部分は板橋、足立、荒川と地味なコースが多い。散歩初心者は有名コースから歩いてみることをおすすめする。(私はすでに有名どころは行ってしまったので、あえて地味コースをじみーに歩いている)

その他、坂道100選、食べ歩き、イベント情報、商店街紹介などの情報もあるが、これはオマケ程度のもの。

現在第2版。地図の色が変わって、ガイドの文字が大きくなった。見やすくなったので、旧版を持っている人も買いかえたほうがいいかも。

以下はその他のおすすめ。

大きな字の地図で東京歩こう(人文社)…コンパクトなものがいいならこれ。縮尺1/7000なので大きめで見やすい。長い距離を歩かないならこちらの方がおすすめ。巻末の索引がけっこう役に立つ。

大きな字の地図 Brief東京大きな字の地図(人文社)…23区全域が必要ならこれ。この記事で紹介した他の2冊は全域はカバーしていない。縮尺は重要度に応じて1/7000と1/21000に分けてある。葛飾、江戸川、練馬、杉並、世田谷、大田と周辺部にも目を配りたいなら買っておくべし。


ワンクリックの応援をお願いします。  click for blog ranking


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/8870251