2004年11月18日

書評:幸福論

『幸福論』(春日武彦、講談社現代新書)

奇妙な幸福論だ。幸福について語っていない。少なくとも通常イメージされる幸福については、そんな気まぐれなものに頼っても、とつれない。

不幸については語る語る。精神科医だからこれには詳しい。そして奇妙なほんのりとした幸福ついて控えめに語る。しかし、『「世界の構造」を垣間見た感覚』や「世界と和解する予感」を幸福とからめているあたり、おおげさいうよりも病理的な印象だ。

病んでいる精神科医による病んだ幸福論。けっこういい味がする。私は気に入った。自分の地味な写真、ダウナー系写真(このブログではあまり出さないけど)にちょっと通じるところがある。

人気ブログを集めました…素敵な写真がいっぱいあります。  click for blog ranking


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/9478744