2004年11月28日

ギター侍、波田陽区の資生堂事件

オリジナル記事が消えたようなので、波田陽区(はたようく)の資生堂事件を再録する。

若手芸人の一発ギャクから火が噴いた“資生堂事件”の舞台裏

「こりゃ、例の視聴率問題より深刻な事態」「ひょっとすると、“終わりの始まり”になるかもしれない」 ――テレビ関係者の間で、こんなふうに語られているのが日本テレビだ。

日刊ゲンダイ本紙既報の「エンタの神様」舌禍事件が最悪の結末を迎えようとしている。

「例の舌禍問題で日本テレビに怒り心頭の資生堂が、ついにスポンサーを降りることを決定・通告したのです」(事情通)

事件を知らない人のために、簡単に経過を説明すると、発端となったのは資生堂ほか数社提供の「エンタの神様」(9月18日放送分)。 番組に登場した売り出し中の若手芸人・波田陽区が、資生堂1社提供の看板番組「おしゃれカンケイ」を「汚れカンケイ」とオチョクった。これに怒った資生堂が「スポンサーを降りる」と言いだしていたのである。「資生堂の怒りはチェックできなかったプロデューサーに向かい、日テレ側に厳しい処分を求めていた。ところが、コトを軽く考えていた日テレ側は“厳重注意”でお茶を濁そうとした。これが資生堂の怒りに油を注ぎ、『エンタの神様』のスポンサーからの降板を決定したのです」(代理店関係者)

これだけで、日テレにとっては年間約6億円の損失となる。さらに、最悪の事態も考えられるという。

「資生堂はオチョクられた当の番組『おしゃれカンケイ』からの降板も検討しています。こちらは1社提供だから、降りられたら10億円を超すマイナスになる。お笑い芸人のたった一言で16億円がパーですから、日テレの衝撃は計り知れません」(前出の事情通)

日テレの広報に確認を求めたところ、「スポンサーとの契約につきましては公表しておりません」とのことだったが、資生堂はあっさりと「『エンタの神様』は当社が提供するにはふさわしくない番組と判断して、次回放送分から降りることにしました」と認めた。資生堂といえば広告主協会の幹事も務めるナショナルスポンサー。ここにソッポを向かれた日テレは、視聴率問題以上の激震に見舞われている。 (ゲンダイネット)


事件の発端となったネタはこれだ。

おしゃれカンケイ「古館と渡辺満里奈がゲストを呼んでおしゃれトークお見せします」って言うじゃない
でもアンタ、細木数子とか杉田かおるとかゲストがおしゃれじゃない時の方がぜんぜん盛り上がってますから〜、残念!
日曜夜10時は『汚れカンケイ』の方がオモシロイ斬り〜


今年の忘年会はギター侍の波田陽区の真似するやつが続出するんじゃなかろうか。
同僚だけにしておけばいいのに、上司も斬っちゃって、切腹ならぬ首切りなんてオチがついたりして。

ギター侍「波田陽区」のネタ集

私、あんまりお笑い番組も見ないので、この人のネタもよく知らなかったけど、これを読むとけっこうシビアなのも多くてなかなかよい。がんばれ、波田陽区。

波田陽区のプロフィール…はてなダイアリーの解説記事

ハタハタパタ[魔法のiらんど]…波田陽区の公式サイト

人気ブログを集めました。  click for blog ranking


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cozy_009/9936594
この記事へのトラックバック
エンタの神様 04/11/27 だいたひかる  アンガールズネタのとき、袖のアンガールズが抜かれる。  最近、こういう演出がちらちらでてきた。 アンタッチャブル  息子の万引きのコント。アンタッチャブルはコントより漫才だろう  と思っているのだけれど、今回は
カンニング弾ける エンタの神様【ほぼ日刊チロリ通信】at 2004年11月29日 20:38
最近、エンタの神様で波田陽区が出ないなー(´・ω・`) 降板させられたのか心配になって、検索して調べてみたら… 同局で、資生堂が1社でスポンサーについてる、「おしゃれカンケイ」を 「汚れカンケイ」と言って斬ったことが原因らしい。 普通に面白くてウケてたけど… 資....
波田陽区、エンタの神様降板!?…原因は資生堂らしい。残念!!【イラスト系*うさぎメイド喫茶】at 2005年11月29日 01:07
この記事へのコメント
■投稿者:rue at 2004年11月29日 13:03
はじめまして。
スポンサー降りるほどのこと?と自分は考えてしまうのですが。
お笑いなんですから。
それにあれだけ人気あるタレントに番組をネタに使ってもらって宣伝してもらったんですから。
日テレは大変かもしれないけど、巨人軍の清原問題等、気に入らないことが多すぎるので内心喜んでいます。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2004年11月29日 22:35
いらっしゃい>rueさん

社長が切れたんでしょうか。狭量って印象を残しましたね。
ある意味損だたったかもしれません。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:LSTY at 2004年11月30日 18:27
 こんにちは。降りるんだったら勝手に降りろって話ですね。
 テレビ番組のスポンサーになるという本質が分かっていないんでしょうね。
 テレビは企業の物だけれど、じゃあ企業はテレビを使って何をするのか、ということをちゃんと理解していないから、こういう馬鹿馬鹿しいもめ事が起きるのでしょう。
 ちょうど、こういう事を今日考えていたのですよ。以下に某ディレクターの話を引用します。すごく当たり前のことが書いてあるのですが、こういう当たり前のことを正しく認識するというのは、大切なことだと思うのです。
 長くてすいません。TBの方が良かったか。(笑)

以下引用−−−−−
視聴率優先主義がおかしく捉われて、それでは良い番組を作れないという風潮があります。しかし本当の視聴率の意味は違います。視聴率を取るということは、たくさんの人に見て喜んでもらえるということです。大事なことは、CMを企業に売るのですからひどい内容で高い数字を取っても、企業イメージを損なうならスポンサーは付きません。ですから視聴率が取れる番組でしかも視聴者に喜んでもらえれば、その番組にスポンサーはちゃんと付きますしスポンサーにも喜んでいただけます。そこを目指すのが究極の目標です。
以上引用−−−−−
出所:http://www5.shukatsu.jp/area/hokkaido/report/02reporta.html
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
■投稿者:Cozy at 2004年11月30日 21:27
こんにちは、lstyさん。
視聴率がどれほど売上げに影響しているのかという視点からの分析が必要なんでしょうね。
インターネットのアクセス数もまた同じような問題がありますが、運営者はある程度わかっているけど、外からじゃ見えない部分が多いですね。
ぶっちゃけ、ここは一見さんばかりです。数字は常にバブリーです。
--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--